暗号通貨への投資

日々新たな投資の可能性が生まれる中、資産管理のために取る選択肢について精通することが重要です。ポートフォリオにはバランスが求められるため、優れたポートフォリオには、暗号通貨などのリスクの高い資産が含まれる傾向があります。

暗号通貨への投資は高いリスクを伴うものの、特に暗号通貨が妥当な価格帯で購入された場合、統計的にはリスクよりはるかにリターンが高いものです。

暗号通貨は、トランザクション処理と新コインの生成に暗号を使用します。すべてのトランザクションはブロックチェーンに保存されます。そのため台帳は、ハッカーから十分に隔離されたデータ構造を持ち、どのコンピュータにもコピー可能です。暗号を使用するため、コイン偽造も極めて困難です。暗号通貨は、その分散性のために非常に人気が高いものです。そのため、政府の干渉や操作から保護されると考えるユーザーが多数存在します。また、暗号通貨が、通貨を支配する銀行の独占に終止符を打つきっかけになるとの期待もあります。

暗号通貨が人々を引きつける要因の例:

1: リターンへの大きな可能性。?


投資の際、誰もが可能な限り高い収益を望み、狙うものです。いかなる投資クラスにおいても、暗号通貨より高いリターンを得られるものは他にありません。リターンに関しては、第2位を大きく引き離しています。当然、高いリターンは高いボラティリティを意味するわけで、ボラティリティが高いほどリスクも高いことになります。過去数年の統計分析によると、暗号通貨がその価値を失うと、通常、過去の最大値からおよそ2/3〜3/4を失うことが明らかになりました。ただし注目したいのは、リバウンドすると、以前の高値の何十倍にも跳ね上がる場合もあることです。これらの分析と結果に基づき、オフピークまたは過去のピーク価格からの大幅割引で暗号通貨を購入すると、この投資で数倍の利益を得る可能性が高いと言えるでしょう。 

2: 短い価格サイクル期間


比較的新しい資産クラスである暗号通貨に、毎日何万人もの新たな投資家やユーザーが引き寄せられています。最も急速に成長するこの資産クラスに、新たな勢力が新たな資金を投入するわけです。そのため暗号通貨は、株式、コモディティ、フィアット通貨など、回復に何年もかかる他の資産クラスと比べて、通常数カ月以内に調整局面後のリバウンドにかかる時間が短くなります。投資家は、投資の売却を早い時期に開始できる可能性が高いことを把握します。

3. 限られた供給量


大半の暗号通貨は、流通量が限られています。ブロックチェーン技術を取り入れる企業が増えれば、暗号通貨の需要は増加します。需要の増加と限られた供給量が相まって、価格は高騰するばかりというわけです。

時価総額による最大の暗号通貨といえば、ビットコイン(XBT)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)です。市場には他にも多数のアルトコイン(代替コイン)があり、投資家はコインのコンセプトを明確に理解した上で投資する必要があります。

暗号通貨投資を決断する前に考慮したい点は以下の通り。

  1. 流通量に上限があるかどうか。
  2. そのコインの目的。
  3. そのコインは、イーサリアムのイーサやリップルのような独自のプラットフォームで使用可能なのか、あるいは、ビットコインやライトコインのような取引の媒体としての純粋なコインかどうか。
  4. そのプラットフォームおよびコインを使用するユーザー数。
  5. コインを生成するブロックチェーン・プラットフォームは、長期的に利益を上げることができるかどうか。
  6. コインの履歴・過去の値動きを追跡

Financial.orgは、プロジェクト、プラットフォーム、コインの基本とコンセプト、予想ユーザー数を強調してメンバーに指導します。当プラットフォームが、暗号通貨における成功に必要と考える事項は以下の通り。

  • 第一に、魅力的なコンセプト(プルーフ・オブ・ワーク)を持つブロックチェーン・プラットフォームから始めることが必要です。
  • 第二に、暗号通貨を生成するプラットフォームの総合的な財務能力、プラン、将来性、基盤が強固なものでなくてはなりません。つまり、目的を果たすための運営活動に基づき、長期的に十分な収益を生む能力があることが大切です。
  • 最後に、ユーザー数こそがすべてです!十分なユーザーがいなければ、たとえ最高の暗号通貨であっても、価格上昇は困難でしょう。結局、暗号通貨はコモディティのようなもので、定義上はコモディティです。限られた供給量で十分な需要があれば、価格は急騰します。ほとんどの暗号通貨は、ユーザー不足が原因で最大の可能性を発揮することができませんでした。5万人というのが決め手となるユーザー数であると考えられています。多ければ多いほど成功が約束されます。

結論として、暗号通貨投資は増加傾向にあります。この傾向は、今後ますます多数の金融機関や多国籍企業がブロックチェーン技術に移行し、ブロックチェーン応用を取り入れるにつれて、少なくとも今後3〜5年は続くでしょう。

Financial.orgの教育概念は、投資金の20%以上を暗号通貨に投資しないようメンバーの皆様にお勧めしています。現時点ではリターンに大して妥当なリスクとはいえ、生涯の蓄えをすべてリスクの高い資産クラスに投資する必要は一切ありません。肝心なことは多様性です。

ダウンロードで入手可能
ダウンロードで入手可能
当社の公式モバイルアプリを今すぐダウンロードしてください。
Financial.orgは教育プラットホームです。有価証券の取引や金融商品とサービスプロバイダから金銭的利益を得ることは行いません。
不許複製 © 2016 - 2019